側弯症 女性 33歳 腰痛 ウエストラインが気になる

33歳、デスクワーク。
歪みが気になるという女性。
高校生の時に側弯症を発見し
、整形外科では軽度数とだけ言われ、経過観察の診断でした。
現在、鏡をみてウエストラインが左右非対称。
慢性的な腰痛があるとのことです。
本人は腰痛もですが、ウエストラインを整えてほしいとのことでした。

当院の治療では、まず
治療前に背中と前屈の写真を撮らせていただき、身長も測りました。
左のウエストが右にくらべ小さい事が確認できました。
前屈した時の腰部の隆起はあまりありませんでした。
治療はまず、鍼とお灸、手技にて筋肉をゆるめました。
その後、身体を伸ばしている時に伸びていることを触診にて確認できました。
治療後に再度写真を撮ったところ、非対称だったウエストは対称になりました。

本人は立っている時の感じがいつもと違うと喜んでいました。
維持する為の体操と、日常生活での指導を行い、また来月来るように伝え治療を終えました。

大人の方の筋肉は子供にくらべてかたいので動きづらく、伸ばしている時に痛みを感じやすいという特徴がありますが、この方は身体を伸ばしている時にリラックスしていたので柔らかく改善しやすい身体だということがわかりました。
大人の方でも、効果があった事例はあります。一度、ご相談ください。